読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南米's diary

2016年9月〜2017年3月頭まで南米を旅する無職な二人の愉快な日記。

トラブル多発! お湯が出ない、Wi-Fiにつながらない……

今日(10日)は新市街へお出かけるんるん♪ 私がシャワーを浴びている間に、まりあたんがおいしい朝食を用意してくれました。

「わあ、おいしそう!」

「はい、あとはふわふわとろとろオムレツだけだよ。めぐたんが作ってね」

「!?!?!?!?!?!?!?!?」

なんと、私の得意なふわふわとろとろオムレツを朝食の1品として作ることになりました。油を敷いて、卵を3つ入れて、かき混ぜて、塩を少々、そのまま再びかき混ぜる! 最後にチーズを入れて完成! とるんるん気分で作っていたところ、シャワーを浴びていたまりあたんが、

「お湯が出ない!!!!」

と叫びました。キッチンの水道でお湯が出るかどうか確認してみたところ、確かに出ない。ほんのり温かい水しか出ない。よく英会話の本で「お湯が出ません」といったトラブル対応の定型文が載っていますが、まさか本当にお湯が出ない場面に自分たちが直面するとは夢にも思いませんでした。

マンションの受付に電話しようと思い、電子辞書やスペイン語の会話集から必死でその定型文を探しますが、載っていない!(事が終わったあとに発見しました……)

困難を極める意思疎通

とりあえず、お風呂場にいるまりあたんから簡単なスペイン語を教わり、いざ電話をかけてみたところ、教わったスペイン語が完全に飛びました。

「Agua calor……」(水が暑い……。calorは天気や気温などに使うので、ここではcalienteが正しいのだと後ほどわかりました)
「Ducha no funciona……」(シャワーが壊れています……。「〜が壊れている」が会話集に載っていたのでそれを活用)
「Agua furia……」(水が冷たい……)

なんとか単語をつなげてみたところ、受付の人に伝わったらしく、べらべらべらーーーーとスペイン語を返されてましたが、何もわからない。本当に何もわからない。

「No lo se……」(わかりません……)

を一言絞り出すのが精いっぱいでした。そこからまたぺらぺらぺらーーーーと話されて、もう……(泣)。なんとか、電話がどうとかこうとかと言っているのはわかったので、とりあえず、

「Si」(はい……)

と言ってみたところ、電話を切られました。

「まりあたん! なにもわからなかったよ! 電話がどうとかこうとか言ってたけど」

「あとでまた電話するってことじゃない?」

ぴかーん! そうか! そうかも。再び電話がかかってくるのを待つ私。数分後、不安な空気を切り裂くように「ぴろぴろぴろ〜」と電話の音が鳴り響きました。

再びスペイン語をぺらぺらぺらーーーーと話されましたがわからない……。しかしここで、まりあたんがお風呂から出てきてバトンタッチ! まりあたんいわく、部屋に直接確認しにくるそうです。マンションの人が部屋にやって来るまでまた待機の時間です。

f:id:en_chile:20160911035001j:plain

No hay problema! 陽気なおじさん

数分後、ドアをノックする音がしました。ドアを開けるとそこに立っていたのは、いかにも「水道直しにやってきたぜ」なおじさんでした。まりあたんが事情を説明すると、

「ほう、確かにぬるいね。でも、このくらいなら平気さ!」

「いろいろ見てみたけどよくわからない。俺っち業者じゃないし」

「この部屋暑いね! 外が寒いからぶるぶるってなっちまうよ!」

と言い放ったそうです(まりあたん通訳)。というわけで、お湯が出ることはなく、その人は去って行きました。これが南米人のテンションなのか……。とりあえず、お湯が自然と出るようになるまで私たちは待つことにしました。

第二の問題を抱える私たち

お湯出ない問題に加え、私たちはもう一つ問題を抱えていたのです。それは、Wi-Fiがつながらない問題です。まりあたんによると昨夜の2時ごろからつながらなくなったそうです。

皆さま、思い出してみてください。私たちは今日は新市街に行こうと思っていたのです。多くの問題は、私たちを新市街に行くことを阻むために仕組まれたものだとまりあたんは言いました。新市街に行くと何か悪いことが起こると。家から出るなと。見えない物体からのお告げなのかもしれないです。

二人は新市街に行くことは諦め、Wi-Fi問題はあとで解決することにし、気を取り直しておいしい朝食を食べることにしました。

外見よりも中身だよ

一つの物体を除き、どれもとてもおいしそうですね。そうですね。私が作ったふわふわとろとろオムレツはその名を想像できないほど姿を変えて完成しました。これはフライパンが悪いのです。

まさか、フライパンがスレンレスだとは知らず(見た目でわかるというツッコミはしないでください!!! 私は心で作ったのです!!!!)、油をいつもの量しか敷かなかったため盛大にコゲつきました。写真がぶれぶれで見た目は悪いですが、食べてみるとおいしかったです(本当です)。

f:id:en_chile:20160911035002j:plain

 

おいしい朝食を食べた二人が次に取った行動とは……次回、「お湯は出る?! Wi-Fiがつながらない問題は解決なるか?!」に続く。