読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南米's diary

2016年9月〜2017年3月頭まで南米を旅する無職な二人の愉快な日記。

お湯は出る?! Wi-Fiがつながらない問題は解決なるか?!

Hola! こんにちは。ブログが更新できているということは、頭の良い皆さん(良くない人も)ならすでにおわかりだと思いますが、無事、Wi-Fiがつながりました!

今回はWI-FIがつながるまでの私たちの厳しくつらい道のりについて書いていきたいと思います。あっ、ちなみにお湯は放っておいたらいつのまにか出てきました。Wi-Fiも放っておいたら自然と直ってくれたらよかったのですがね……。

ホセに連絡を!

再び受付の人に電話をしようと思ったら、電話がつながらない! さっきはつながったのに……。これも見えない物体からのお告げなのかもしれませんね。1階までエレベーターで降りて、まりあたんが直接受付の人に事情を伝えたところ、

「ああそれはホセ(仮名、家主の名前)に直接言って」

とのことでした。どうやらホセがWi-Fiの管理をしているようです。Airbnbのアプリ経由でホセとは連絡が取れるので、さっそくホセにメッセージを送ってみようとすると……あっ、ネット自体つながらないんだ! と当たり前のことに気がつきました。受付にもWi-Fiはないらしく、これではホセと連絡が取れない!!

カフェを探して三千里

ほぼ完全に行き詰まりました。そうです。“ほぼ完全に”です。まだ残された手段はあるのです。それは、先日、道を歩いていたら見つけたWi-Fiが使えるカフェに行くことです! この時点でようやくお湯が出てきたので、私が一人でカフェに行き、その間にまりあたんはシャワーを浴びることになりました。

土日は人通りが少ないとチリ人の友達に聞いていたので、一人なのはほんの少しだけ怖かったのですが、持ち前のポジティブ精神を発揮してるんるん♪ 気分で出かけました。

なんと、カフェがあるとおぼしき場所はシャッターが閉まっていました。頭の悪いメビー(ドビー)だから、場所を間違えている可能性を考慮し、数十分、道をうろうろとさまよいましたが、どこにもカフェがない……。やはり、土曜日だから閉まっていたのかもしれません。これで今日できる解決方法はすべて消えました。今日は家の掃除をして心を鎮めて、明日新市街に行き無料Wi-Fiにつなぎホセに連絡をすることにしました。

バスタブにヒビが……?!

カフェ探索から帰宅したら新たな問題が発生していました。バスタブから水が漏れていたことに気がついたのです! バスマットが異様に濡れるなぁと以前まりあたんが言っていたのですが、まさかバスタブから水漏れしていただなんて夢にも思いませんでした。今日は災難続きですなぁ……。とほほ。

とりあえず、明日になるまで身動きができないので、部屋で料理をしたり絵を描いたりしてのんびり過ごしていたら、突然、本当に突然、なんのまえぶれもなくWi-Fiにつながりました! びっくりしすぎて、思わずスマホを投げ出しそうになりました。これ以降、Wi-Fiは無事につながり続けています。恐らく、私の日頃の行いがよろしいから、見えない物体がWi-Fiにつなげてくれたのだと思います。よかったです。

9月11日は家に居るが吉

ちなみに、その後チリの友達から「明日は1973年9月11日にあったクーデターの記念日です。毎年抗議があるので気をつけてください。夜は危ないからでかけないほうがいいです」と連絡が来たので、万が一のことを考え昼間に新市街に行くことを断念しました。家でじっとしています……。ウィキペディアにページがあったので結構有名なクーデターみたいですね。いろいろ教えてくれる友達に感謝!

今日はいろいろあった1日でしたが、こういったハプニングがスパイスになって単調な毎日が素敵なものへと変わっていくのでしょう。素敵な毎日。そう、お湯が出なくたって、Wi-Fiがつながらなくなったって、水漏れしたって、すべては素敵な出来事なのです。見えない物体に感謝を〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

アディオス!