読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南米's diary

2016年9月〜2017年3月頭まで南米を旅する無職な二人の愉快な日記。

チリ独立記念日に開催されるフォンダに行ってきたよ Part 2

Hola! 前回はチリの独立記念日付近に開催されるフォンダ(お祭り)に参加したリポートをお届けしました。主に食事がメインの記事でしたが、今回はそれ以外に体験したことを書き連ねていきたいと思います(食事のこともちょこっと触れます)。

電車よりも速い車?!

18日は電車で約20分かけて会場まで行きました。窓から外を眺めると道路を車が走っています。あぁ、みんな速いなぁ……電車をどんどん追い越していくよ〜……って、電車を追い越していく車やバイク????? え??? どんだけ速度出してるの??? かわいい我が目を疑うほどびっくりしました。

チリに来て、自分はここでは運転できないなと思うほど車やバイク、バスなどが猛スピードで走っている光景を目の当たりにしました。それでも、電車よりも早く走っているだなんて思いもしませんでした。電車がゆっくり走っていた可能性もありますが、そこまで遅くなかったはず……。チリに渡航予定の皆さま、歩道を歩く時や、運転をする時はお気をつけください。ここではクラクションが鳴る頻度も桁違いです。少しスピードを緩めただけで、けたたましいクラクションの音が鳴り響きます。

また、歩行者は赤信号を守りません。車が来なくなると赤信号でもすぐに渡ります。日本だと車が来なくても赤信号は守りますが、チリに来たら赤信号でも渡るようになってしまいました。慣れって怖いですね。

VR体験ゾーン?

車の速度に驚きつつ会場入りをし歩いていると、飲食関係の出店から少し離れた場所になにやら近未来的な機械が設置されているのを発見しました。17日に行った時は時間が早かったためか(それでも夕方に差し掛かろうとしていたと思いますが)、まだその機械は稼働しておらず、18日の夕方過ぎに人だかりができているのを発見しました。

f:id:en_chile:20160921100516j:plain

青年が機械の中に座わり、VR(仮想現実)らしきヘッドセットを装着し、何かを体験しています。何を体験していたのか、これは本当にVRなのか、真偽のほどは不明ですが、私も体験してみたかった……。多くの人が並んでいたので泣く泣く諦めました。

「TERREMOTO〜! TRREMOTO〜!」

ただ歩いているだけなのに、至る所から聞こえてくる「TERREMOTO(テレモト)〜! TRREMOTO〜!」の声。「TERREMOTO」とは一体なんなのか、電子辞書で調べてみると「地震」と出てきました。地震……あぁ、きっとお酒だなと勝手に解釈しました。道行く人が皆、手に淡い赤色の飲み物を持っている。

f:id:en_chile:20160921100515j:plain

多分、これが「TERREMOTO」なのだろう(違っていたらすみません)。お酒かぁ〜あんまり飲めないけど、みんな持っているから、どんな味なのか一口くらいは飲みたくなってきた……誰か一口くれないかな……と羨望の眼差しで人々を見ていたのですが、誰もその視線に気がつくことはなく、悲しい時間が流れました。

こんな時は自分で買えばいいのだ! そうだ! ただで何かが手に入ると思ったら大違い!

人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない
何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる
それが、錬金術における等価交換の原則だ
その頃僕らは、それが世界の真実だと信じていた

 (『鋼の錬金術師』より引用)

そう、私たちもそれが世界の真実だと信じていました。だから、「TERREMOTO」を買うための列に並びました。「TERREMOTO」は大人気で列が二つに分かれています。右か左、どちらに並ぼうか。恐らくこれが私たちの生死を分ける選択肢になる気がして、1時間くらい悩みに悩み抜きました。

その結果、右に並ぶことにしました。これは大きな決断です。自分たちで悩み、試行錯誤し、選び抜いた「右」。これできっと、すぐに「TERREMOTO」にありつけるはず。1000秒くらいですぐにありつけるはず……。1、2、3、……998、999、1000秒! キターーーーーーー! 前に並んでいた人も私たちを祝福するために後ろを振り向いて、声をかけてきました。

「左の列でお会計をしてこの紙をここで渡すんだよ」

え? 左の列でお会計……? えええええええええええ! そんなの聞いていない……。じゃあ、こっちの列は左に並んでお会計を済ませた人たちが並んでいたってこと? 私たちはお会計を済ませていないから、左の列に並び直さなければいけないってこと? いやーーーーーーーーーーー! 等価交換の原則にのっとって1000秒、1000秒も待ったのに、また1000秒も待たないのといけないの?

無理無理! バイバイ、「TERREMOTO」! おまえにはもう愛想を尽かしたよ! 私たちは潔いんだよ。おまえなんて飲まずにこの列を離れて、異国の地へ旅立つよ! アディオス! ということで、「TERREMOTO」を飲むことを断念した私たちでした。めでたし、めでたし。

その出店以外でもお会計と品物の受け渡しゾーンが分かれているところがほとんどで、出店で分業が進んでいるとは、さすが南米の先進国・チリ。よい勉強になりました。

無料のSIMカード

あまり人でごった返していない場所に、美人でナースっぽいコスプレをしたお姉さんがいる出店(企業ブース?)がありました。日が暮れる前はお姉さんが眩しくて近づくことができなかったのですが、日が暮れて帰ろうとした頃にはお姉さんの姿がなくなっていて、代わりにやる気のなさそうなお兄さんが立っていたので、じーーーーーっと見つめてみたら、何かをくれるジェスチャーをしてきました。

近づいて受け取ってみると、SIMカード?! なんとSIMカードを無料で配っていました! SIMカードが無料ってすごいですね。使用制限があるのものの(20MBで10分まで)、チリでSIMカードを買っていない私たちにとってはとてもありがたいものです。外でなにか緊急事態が発生した時に、このSIMを使わせていただこうと、大事に取っておくことにしました。ありがたや〜。

f:id:en_chile:20160921093102j:plain

チリ人はがめつい?

道行く人を観察してみると、手にタコみたいなものを持っている人が多い。そして、なにかビニールシートみたいなものも持っている人が多い。しかも、それらを大量に持っている人が多数。もしかして、どこかで配っているものなのだろうか。辺りを見渡してみると……あっ、あそこで配っている人を発見! でも、子供に渡している。私たちも欲しいのだけれどもくれるのかな……。

不安に思いつつも近づいていくと、お兄さんは気前よくタコをくれました! 決して私たちが子供に見えたわけではないでしょう。だって、その後、誰彼構わず大人にも配っていたのですから! というか、この無料で配っているタコを大量に持っている人がいるってすごいですね……。タコ揚げ以外に使い道はなさそうなのに、10枚とか束で持っていました。

f:id:en_chile:20160921093100j:plain

その後、ビーニールシートだと思っていたものはエプロンだとわかり(出店の中の人がそのエプロンをしていた)、今度はエプロンゲットのために三千里を歩きました。すると、人だかりができている場所を発見しました。その中心には袋を持ってエプロンを配っているきれいなお姉さんが!

まりあたんがその人だかりの中へ頑張って入っていきました。私は見守る係です。だって、チリ人の勢いが凄まじいんだもの。皆、我先にとエプロンをもらおうときれいなお姉さんを目がけて突っ込んでいくんだもん。か弱い私は飛ばされちゃう。無理無理。

数分後、無事に人だかりの中から生還したまりあたん。よくやりました。エプロン2つゲットだぜ!

f:id:en_chile:20160921093059j:plain

f:id:en_chile:20160921093058j:plain

お姉さんが持っている袋の中身をすべて配り終わると、すぐさまテントの中から補充して、人に囲まれ、中身がなくなり、補充して、人に囲まれ、中身がなくなり……を延々と繰り返していました。もしかして、チリ人は「無料」という言葉に弱いのでしょうか。

明らかに必要以上の数をもらっていった人が多かったです。あるいは、とても有名な企業のエプロンだったのか……。謎のままにしておきましょう。謎は謎のままで、解かないほうがいい謎もあります。世の中、そういうものです。

時すでに遅し

戦場で戦い帰還したまりあたんは、どうやらおなかが空いたようです。しかし、会場で売っているアンティクーチョ(お肉の串刺し)は大きすぎ(画像参照。昨日食べたアンティクーチョです)で、他の食べ物も量がたくさん(画像参照。こちらも昨日食べたポテトフライとウィンナーです)。会場の外にある出店はこれよりも量が少なかったので、外に出てから買おうと決めました。会場をうろうろし終え、午後8時に差し掛かろうとする頃に外へと出て、出店へ向かうと……。

f:id:en_chile:20160921093104j:plain

f:id:en_chile:20160921093101j:plain

ない!!! 出店が跡形もなくなくなっている!!!

出店が撤退する時間が想像以上に早かったため、食事にありつけなかった私たち……。会場で食べ物は食べたものの、アンティクーチョやエンパナーダが今日は食べられませんでした。残念。きっと、二人の日頃の行いがよくなかったのでしょう。これからは毎朝、起きたら天に祈る時間を設けたいと思います。すべての人に平和が訪れますように、心の平穏を。by まりたんめぐたん

最後に、買った食べ物の値段を書いておきます。その食べ物について書いたときに書いたほうがわかりやすいのに! と思っているそこのあなた。そうです、その通りです。でも、書き忘れたのだからしょうがない。以下にまとめて書きますよ〜。


チョコ(キャラメル)チュロス 1000ペソ
バナナチョコ(激ウマ) 1000ペソ
アンティクーチョ(「ここのアンティクーチョが一番安いんだよ! 他のはバカみたいに高いんだよ!」〈まりあたん訳〉とおじさんが教えてくれたお店のアンティクーチョ) 2500ペソ
パイナップルアイス 4000ペソ
オレンジジュース(100パーセントジュースかと思ったら、水は入れる、砂糖はどかどか入れる、仕上げとして氷まで入れる、で微妙な味に仕上がりました) 1500ペソ
計1万ペソ(約1500円)

これだけ食べて2日間で約1500円分で収まる飲食代。安いですね! めいいっぱい楽しんだ2日間でした〜。あーあ、楽しかった! アディオス!

f:id:en_chile:20160921093103j:plain

f:id:en_chile:20160921222435j:plain